2016年9月26日月曜日

がん(癌)治療における漢方薬の役割

 がん)治療における漢方薬の役割についての講演会に参加してきました。講師は、がん研有明病院 漢方サポート科部長の星野惠津夫先生でした。

 がんに対して、現代医学の最先端の治療を行いつつ、同時に漢方薬も駆使することにより、がん患者様のメリットが大きくなるというお話でした。

バラ科ナシ属ヤマナシPyrus pyrifoliaの果実(千葉大学柏の葉キャンパスにて)
*****
 
 星野惠津夫先生は、「がん患者様に対する漢方治療の原則は、下記の第1から第4までの4つのグループから、それぞれ処方を取捨選択し、組み合わせて処方すること」と御説明されていました。

第1グループ:気力・食欲・体力を回復させる補剤(ほざい)
  漢方薬の例:補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
        十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
        人参養栄湯(にんじんようえいとう)
        茯苓四逆湯(ぶくりょうしぎゃくとう)

第2グループ:腎気を補う補腎剤(ほじんざい)
  漢方薬の例:八味地黄丸(はちみじおうがん)
        牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
        六味丸(ろくみがん)

第3グループ:血の巡りを改善する駆瘀血剤(くおけつざい)
  漢方薬の例:桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
        桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
        当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

第4グループ:個別の症状に対する漢方薬
  漢方薬の例:大柴胡湯(だいさいことう)など

*****

 当診療所では、まず上記の第1グループから第4グループのような、受診されるがん患者様のお身体に最もあった漢方薬をお選び致します。良質な生薬を用いた煎じ薬でご用意致します。

 さらに、当診療所は自由診療体制を取っておりますので、通常の保険診療では処方できない白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)や半枝蓮(はんしれん)などの生薬を、ご希望により同時に処方させて頂き、がん治療のサポートを行っております。(T.K.