2022年8月25日木曜日

身体の潤いが足りないときには

 暦では立秋が過ぎ、処暑となりました。朝夕涼しい日も増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスが原因であってもなくても、発熱した後に空咳などが残ってしまう場合があります。これは、発熱や大汗などで身体の津液が過剰に消耗してしまうためです。

そのようなときには「麦門冬湯」という漢方薬がよく使われます。麦門冬、半夏、粳米、大棗、人参、甘草を含み、肺を潤して咳を止め、胃腸もいたわります。エキス製剤(粉薬)の場合は、ぜひ100㏄程度のお湯に溶かして、のどを潤すように服用してみてください。

その他、津液の消耗により、のどが渇いたり、便秘になったりもします。

食べ物では、津液の消耗を補うものとして(滋陰)、以下のようなものがあります。

<小松菜、アスパラガス、きくらげ、松の実、胡麻、豚肉、牡蠣、卵、牛乳、チーズなど(実用中医学より)>

慢性的に陰が虚しており、咳や痰が出やすく微熱が出たり、気血両虚で元気がない。そのようなときは「滋陰至宝湯」(万病回春 婦人科虚労門)もいいです。

秋にむかって乾燥もしていきますので、まずは食べ物から体調を対処していってみてはいかがでしょうか。(S)


2022年6月24日金曜日

蚊に刺されたらドライヤー!If you are bitten by a mosquito, a hair dryer is good!

 

1991年、私が鍼灸の学校に通い始めたある日、朝刺された蚊の痒みに悩まされていた。

その日はお灸の授業で、何気なく「痒み絶好調部位」に、お灸製品である「棒灸」なるものを、近づけて温めてみた。すると、温まるごとに押し寄せる、痒みと痛みのような快楽に溺れた後に、なぜか痒みが消失していた。このすごさに出会い、周りに話しても「本当だ。」以外何も盛り上がりがなかった。

その後も千葉大学の鍼灸院に赴任後、講演会などで話すが、棒灸に火をつける手間と室内が煙くなるというデメリットのためか、反応が悪く、その後、この話は封印していた。

 数年後、娘が幼稚園の年少になり、蚊に刺され痒がっている様を見て、このことを「ふと」思い出した。しかし、この動く生き物にお灸はリスクが高い、まさしく「お灸をすえてしまう」。そうなれば、一生、娘に口をきいてもらえない。これは、小生にとって一大事である。そこで考えたのが「ドライヤー」だった。ドライヤーならどこでもあるし、安全性も高い。熱量が心配だったが、試してみると意外といける。ポイントは、患部に風を当てるとき、少しドライヤーを斜めにして、患部だけに熱風が当たるようにして、「あつ」(熱い)となるまで距離をとってあて、すぐに止める。(ドライヤーのパワーがある場合は、少し離してください)。小さい子供や高齢者には注意が必要だ。痒みは一瞬でおさまり、持続時間も薬より長い気がする。その後の講演会では、子供に強い薬を使いたくないお母さんなどに意外と好評であった。

 

*(自己責任でお願い致します。蚊以外の痒みには使用しないでください。炎症を起こして腫れているなどの症状にも使用しないでください。)

 

・・・その後、小学生になった娘にドライヤーを持っていくと「めんどくさい」と言われ、「○○パッチ」なる患部に貼り付けておくシールに負け、家ではまた、封印の日々が始まった。

                                                                             鍼灸院院長(柏の葉鍼灸院

2022年6月16日木曜日

牧野記念庭園 訪問

ご無沙汰しております。

インスタもよろしくお願いいたします^^

https://www.instagram.com/toyoigaku_center/?hl=ja

さて、地元のお散歩で牧野記念庭園(練馬区東大泉)に行ってきました。

植物学者の牧野富太郎は、生涯野山を駆け巡り、1500以上の新たな植物を発見、命名した先生です。

庭園はこじんまりとしていますが、先生が大切にしていた木々が立派に育ち、木陰を作って心地よい空間となっています。

来年ドラマ化が予定されていて、先生のパネルとのぼりが出迎えてくれました。後ろにあるのは「だいおうまつ」で、まつぼっくりも大きい。

ヒメアジサイ。先生が長野県戸隠山下で見つけ、ヒメアジサイと命名。庭園から一度なくなってしまいましたが、同系統を保存していた高知県立牧野植物園から里帰りしたもの。きちんと定着したのか、見頃を迎えていました。

先生の銅像とスエコザサ Sasa suwekoana Makino(属名、種名、命名者)

妻、壽衛から命名したササ。先生は風が吹いてササが音を立てて揺れるたび、亡くなった妻を思い出していたといいます。

ホオノキ 立派な朴葉

桜の仲間 月日の流れを感じさせる重厚な樹皮

先生のこだわりと情熱の詰まった庭園。季節の変わり目にまた訪れたいと思います(薬剤師S)。

2022年4月28日木曜日

牡丹 色々

天候が不順な毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

近隣の公園に牡丹を見に行ってきました。

現在は色々な品種が改良されていてとても綺麗ですね。花の王、花王と呼ばれるにふさわしい草姿です。

薬用とされるのは古典に従い花が白や赤のものです。固定した品種を使うのは、成分のばらつきを避けるという理由もあるようです。

根皮を用いるので、栽培に4-5年かかるようです。栄養が花にいかないようにつぼみは取ってしまいます。

清熱涼血、活血化瘀の作用があり、血行を良くしながら熱を取り、抗炎症作用をもたらします。どちらかというと実証タイプで、顔がほてったり、便秘があり、月経困難、子宮筋腫があって下腹部痛があるなどの方に多く使われます。漢方薬としては、桂枝茯苓丸、大黄牡丹皮湯などがあります。

根には独特な芳香があり、ペオノールなどを含みます。

ではよい連休をお過ごしください!(S)



2022年3月22日火曜日

話題2つ 杏の話 趣味の園芸

 ご無沙汰しております。(S)

今日は朝からみぞれ混じりの天気で寒いですね。

開花した杏も凍えています。

インスタはこちら

https://www.instagram.com/toyoigaku_center/?hl=ja

※※※


杏の花は色が濃くて可愛らしいですね。

種子(仁)を杏仁(きょうにん)として咳止めに用いています。苦味があり、お菓子に使うものとは少し違うようです。

煎じるなど、経験的に伝わった方法以外では、中毒を起こしかねませんので、注意が必要です。

承知の上で生薬を使って杏仁豆腐を作ってみたことがあるのですが、生薬の味が強すぎて美味しくなかったです(笑)

※※※

もう一つの話題。

フィールドセンターの渡辺先生が趣味の園芸にご出演され、氷川きよしさんも卒業となったようです。ネットには卒業させないでーという番組終了を惜しむ声であふれていました。

本放送、再放送頑張って観たいと思います!(高校野球があるために再放送が変則的です)

渡辺先生のブログ 卒業スペシャル

http://naeseisan2.blogspot.com/2022/03/12_02128522676.html

渡辺先生のブログ 前回放送分

http://naeseisan2.blogspot.com/2022/03/12.html

2022年1月25日火曜日

本年もよろしくお願いいたします

 新年を迎え、早くも1か月が経とうとしています。

大寒を過ぎ、日も伸びてきて、春が待ち遠しいですね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。(S)

インスタはこちら

https://www.instagram.com/toyoigaku_center/?hl=ja



2021年12月24日金曜日

よいお年をお迎えください

 インスタグラムの更新の方が多くなってしまい、ブログの方がご無沙汰してしまいました。

https://www.instagram.com/toyoigaku_center/?hl=ja

あまり実感のないまま、年末を迎えています。

寒さが厳しい今日この頃ですが、どうぞよいお年をお迎えください。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます😊(S)